切手の種類 - サブメニュー

現在の切手の種類と絵柄
昔の切手の種類と絵柄
外国の切手

現在の切手の種類と絵柄

現在の切手の種類と絵柄

現在、日本で買うことのできる切手は、すべて日本郵政公社から発行されています。そのため、郵便局で切手を購入できます。期間や地域限定の切手を購入するときには、近くの郵便局で見つけることができないかもしれませんが、通信販売を行っているので気に入った切手を購入することが可能です。

郵政公社のホームページで、発行される切手を調べることができるので、チェックして欲しい切手は売り切れになる前に手に入れてくださいね。


普通切手

キッテコム(切手.COM)

現在の日本で発売されている切手の中でも、よく見かける普通切手は、1円から1000円までの値段で27種類あります。主に使われる50円切手にはメジロ、80円切手にはヤマセミなど普通切手の中には鳥が描かれているものが多いです。また、花が描かれている切手もあります。他には、お祝い事があるときに使われる慶事用切手が数種類用意されています。


特殊切手

特殊切手は毎月のように発行されており、地域の名産や季節の花などが描かれています。また、有名なアニメや世界遺産などの絵、バレンタインやクリスマスのイベント用の絵が描かれています。国際会議や国際的なイベントが日本で行われる年には、その会場やイベント内容などの絵となります。ほとんどが、50円または80円切手で、シールタイプのものもあります。

ふるさと切手

キッテコム(切手.COM)

ふるさと切手は1989年より始まり、毎年様々な県や地方の観光名所やその地域の動物、花などが描かれて発行されています。

その地方の郵便局でふるさと切手を取り扱っているため、他の地域からの購入は、通信販売で買うことができるようになっています。また、県庁所在地などの大きな郵便局では、ふるさと切手がおいてあります。毎年発行されていたのですが、ふるさと切手は2007年で発行終了となりました。


グリーティング切手

グリーティング切手とは、その名前のとおり「ごあいさつ」用の切手です。季節ごとに発行されており、翌年の干支や、季節の花、またアニメのキャラクターを描いた切手などがあります。クリスマスカードに貼る切手やバレンタイン用の切手など、イベントにあわせた切手が発行されるので、季節のごあいさつに利用してみるのもよいでしょう。

写真付き切手

最近では、好きな写真を切手にするサービスが行われています。子どもやペットの写真、結婚式の記念写真などを切手として使うことができるのです。普通の切手の下に写真が付くといった状態で使うことができます。写真部分だけでは切手として使うことが出来ません。通信販売が行えるので地方の郵便局でも申し込みをする事ができるので、お祝いのときなどに利用できると良いですよね。

フレーム切手

最近新しく登場したのが、好きな写真を切手として使えるように加工してくれるサービスです。フレーム切手では、切手と写真が別々になっておらず、きってのフレームに写真が組み込まれているのです。80円切って10枚で800円分の切手1シートが1200円だと、赤ちゃんの生まれた記念やペットなどの切手を作るのも良いですよね。その切手が貼られた手紙を受け取った人もとてもうれしくなりそうです。

記念切手

キッテコム(切手.COM)

記念切手とは著名人の生誕○周年や、国際的なスポーツ大会、国際会議などが行われる年に発行されます。世界フィギュアスケートの行われた年や、日本プロ野球の誕生50周年などでも記念切手が発行されました。2002年に日本で開催されたFIFAワールドカップの記念切手は持っている人も多いのでは? 

何かがある時に発行される切手なのですよね。最近では、映画の公開記念に発行される切手が多くあり、DVD購入者だけが手に入るものもあるのです。ただ、記念切手はビジネス関係の郵便物には向いていませんので、個人間で使うのがベストです。

昔の記念切手には価値がつけられていますが、最近の記念切手は発行数も多く売るときには元の値段、額面以下となることもあります。



切手の種類現在の切手の種類と絵柄昔の切手の種類と絵柄外国の切手
ページの上に移動
  • 切手クラブ
  • 切手の基礎知識
  • 切手の種類
  • 切手を収集してみよう
  • 切手豆知識
  • リンク集

copyright (c) 2013 切手クラブ All Rights Reserved.