切手収集してみよう - サブメニュー

切手の購入方法
切手収集の方法
切手コレクションに必要なグッズ・飾り方

切手コレクションに必要なグッズ・飾り方

切手コレクションに必要なグッズ・飾り方

切手を収集していると、彩りよくきれいに並べて保管しておきたいですよね。そのために必要なグッズと保管方法を紹介します。

趣味として集めている人、小さな絵画として見て楽しむ人もいる切手はとても楽しめそうなものですね。


切手収集に必要なグッズ

切手収集に必要なグッズ

アルバム

まずは、切手を並べて入れておくアルバムが必要です。箱にポイポイ入れておくだけではコレクションとは言えませんしね。アルバムのタイプは様々あり、切手を挟んでおくポケットの大きさや1ページ内の段数も変わってきます。

四角以外の形の切手であれば、はみ出してしまうかもしれないので、コレクションのテーマによってアルバムの種類を変えたほうが良いでしょう。また、ルーズリーフのように1ページずつ組み合わせることの出来るアルバムであれば、バラの切手やシート状のものなどを1冊にまとめることが出来ます。

アルバムに入れる!

ほとんどの切手保管用アルバムは、台紙の上に2枚のフィルムが重ねられています。フィルムの間に切手を挟めて保管しておくのです。最近のアルバムでは、湿気をためこまないように工夫されているので、糊がくっついてしまうこともほとんどありません。

ピンセット

切手を扱うときには、ピンセットを使うことが望ましいです。手でさわってしまうと、水分で糊が溶けてしまったり、手垢がついてシミになってしまったりすることもあるのです。ピンセットといっても、薬用のものではなく切手用が売られています。先が平面となっており切手が傷つかないよう、つかみやすいように作られているのです。コレクションとして良い状態で保管しておくなら、ピンセットは欠かせません。

ルーペ

切手は小さなもので、目でみてもなかなか細部を確認することが出来ません。ルーペを使って切手を見ると、印刷の1点1点を確認することが出来ますし、いつも見る方法とは違う楽しみも出来るのです。

切手の飾り方

切手をただアルバムに保管しておき、たまに眺めるだけではつまらないという人には、思い切って外に出してあげることをおススメします。小さめの写真立てに数枚の切手を挟みこんで飾っておくと良いですよ。ただ、直射日光に当たってしまうと色褪せてきますので透明の紫外線防止フィルムを貼っておきましょう。

使用済み切手をきれいに剥がすには?

売られている使用済み切手はとてもキレイに、葉書や封筒からはがされていますよね。集めるときには、きれいにはがしておきたいものです。切手の状態を保てるはがし方を紹介しますね。

切手を切り取る!

消印を残しておきたい人は、切手の周りを大きく切り取って大きな紙にしておいたほうが良いかもしれませんが、価値があるのは切手の上にしっかりと消印が押されているものです。消印を気にしなければ切手をはがすために、周り5mmから10mmに切り取りましょう。使用済み切手ボランティアでもこの方法が取られています。

切手を剥がす!

切手の周りを少しのこして切った紙を水につけます。小さめの容器に水を入れておきましょう。糊を剥がすときにはお湯のほうが剥がれやすいのですが、お湯につけてしまうと消印のインクがにじんでしまいます。しばらく置いておきます…。しばらくと言うのは、糊の付け方によっても違うので。切手と紙が自然にはがれ始めたら、水をかえてもう一度ひたしてください。このときに、無理やり紙から切手を剥がそうとしてしまうと、切手がふやけているので破れてしまうかもしれません。切手のすべての面が紙から剥がれたら新聞やキッチンペーパーなどの上で乾かします。表面が乾いてきたら裏面、というようにひっくり返しておくと丸まり防止にもなります。完全に乾くまで待ちましょう!


切手収集してみよう切手の購入方法切手収集の方法
切手コレクションに必要なグッズ・飾り方
ページの上に移動
  • 切手クラブ
  • 切手の基礎知識
  • 切手の種類
  • 切手を収集してみよう
  • 切手豆知識
  • リンク集

copyright (c) 2013 切手クラブ All Rights Reserved.